スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ君の事

今日、Kencherryさんのダイアリーに大好きだったKencherryさんのご愛犬
ルイ君の悲しいお知らせがありました。
娘が先に読んで会社にいた私にメールで教えてくれました。

ちょうどお昼の時間だったのですぐに家に帰りKencherryさんの日記を拝見しました。
見ている途中から涙が止まりませんでした。
14歳のルイ君は腫瘍ができていて、あまり長くは生きられないと獣医さんから言われたと、
前にKencherryさんがおっしゃっていましたが、こんなに急に逝ってしまったのか・・・と
残念でしかたありませんでした。

ルイ君は、私がKencherryさんに初めてお会いした時に、Kencherryさんの事をとっても大好きになる
きっかけになった子です。
あの頃はバーディも寝たきり状態ですが生きていて、Kencherryさんはチューブで流動食を食べさせたり
床ずれを治療したり、献身的にお世話していました。

その頃の私は、トップブリーダーであること以外Kencherryさんの事は何も知りませんでした。
師匠のIさんにご紹介いただき、可愛い子犬を譲っていただく事だけで東京のご自宅にパパと
一緒に伺ったのです。

その時に、ショーに出ている子だけを大切にしているのではなく、みんなに同じように
愛情を注いでいらっしゃる姿を目の当りにし、目が見えなくても他の子と同様
手入れも行き届いているルイちゃんを見て、この方なら愛犬家として受け入れられる!と
心から思いました。
同じ愛犬家の後輩として、Kencherryさんから学ぶべき事は沢山あります。
その一つがルイ君でした。

分け隔てない愛情をかけることの大切さと、それに無償の愛で応える姿を見ているだけで
絆の深さが伝わってくるのです。
kencherryさんのご自宅に伺うたびに、ルイ君の姿を見るといつも心が温かくなりました。
もうルイ君がいないと思うと寂しさがこみ上げてきます。

ルイ君に過酷な運命を背負わせてしまった事をいつも悔いていらっしゃったKencherryさん。
二度と同じあやまちを繰り返さないようにと、ルイ君は神様に命を与えられたのだと思います。
そして、ルイ君の成長と共に本当に素晴らしい繁殖者になられて沢山の家族に幸せを
届けているKencherryさんに、私は敬意と賞賛の拍手を贈りたいと思います。

私もルイ君に沢山のことを教えられました。
ルイ君!ありがとう。
そして安らかに。
ルイ君のご冥福をお祈りします。

045110217.jpg

ルイ君 一昨年の夏。那須のご自宅にて・・・


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

⇒comment

Secret

プロフィール

Author:magellans
MAGELLANS KENNEL
シェルティ専門ブリーダー
愛犬飼育管理士
札幌市動物取扱業登録済み
(販売・保管・訓練)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。